しあわせタロティストあん茉莉安の こころと未来を開く手帖

タロット占い師あん茉莉安の占い・スピリチュアル手帖

こんにちは、タロット占い師のあん茉莉安の手帖へようこそ。 小さくて、ささやかなブログですが、このような場所から ちいさなしあわせ作りを応援していけたら嬉しく思います。

あん茉莉安への鑑定のご依頼、ご相談、お問い合わせは……

『占い・タロット しおさい堂』

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

パートナーは鏡、良くも悪しくも。

【PR】

こんにちは、占い師のあん茉莉安です。

f:id:siosaido1:20190617065315j:plain

このブログの読者さんの中には、パートナーさんと仲良しの人もいらっしゃると思いますし、今残念ながらそうなれていない……という方もいらっしゃると思います。

男女の(とは限らないけれど)パートナーとは不思議なものです。

親子関係は選べないけれど、パートナーは選んでいくことができる。

占いをしていて、また普通に生きてきて(笑)、そのように感じる事も多いですね。

そしてパートナーについていつも思うのは、

パートナーって、自分の鏡なのだな……

ということです。

わかりやすく自分の例を挙げて言うと、私はこれまでたいして長くもない人生で、結婚と離婚を1度ずつ経験していて、ものすごく異性を選り好みするタチであることからも、お付き合いをした人はその方だけという良くも悪しくも(決して良くないwww)鏡に恵まれないタイプなのですが(笑)

それでも、一度お付き合いをして結婚した時は、その相手は自分を映す鏡のようでした。

まあ結構最近気付いたけどね……

いや、大きな別れを経験したからこそ、気付いたのかもしれません。

その人と同じ方向性を向いたり、似たような人生観を持ち続けていられる限り、2人の人間はパートナーでいられます。

生まれた地方、年齢、そして性別すらも全く関係がありません。

(ないと思う。少なくともしおさい堂では、年齢や性別で恋愛を判断しないことにしています)

そこにあるのは恐らく、魂の温度とか、陰陽としての和合性といったものなのだと思います。少なくとも私にはそう見えます。

2人の人間の魂は、同じ形をしているわけではないけれど、太極図がするりと和合するように、パズルのように嵌まるわけですね。

だから鏡に映るように、左右対称ということなのかもしれません。正反対だけれど同じ姿をしている。

誰かとお付き合いをしている時、

相手の姿は自分の姿であることがほとんどです。

そして、人生の環境は刻々と変化していって、ずっと同じではあり得ないのだけれど、

共に似たように変化をしていく限り、2人がパートナーでいられることに変わりはないのだと思います。

これが何かの切っ掛けで、片方だけが相手と全く違う変化をしてしまうことがあります。

あるいは、双方の変化の方向性が乖離してしまうんですね。

本当は、相手がどのように変化するかをよく見て、自分もそれに合わせて変化をしていく、それを双方で行わなくては、パートナーとして一緒にいることはできません。

それはきっと、魂のパズルの形が変わってしまうから。

私の場合はそのパズルの形がズレてしまって、そして、自分の中で

「ああ、あなたのような形に変化をすることは、したくない」

と感じてしまった瞬間がありました。

あるべきではなかった許せない瞬間というやつだね(笑)

 

一度パートナーになった2人が、少なくともどちらか片方が別れを選択する時は、

 

相手がもう、「鏡の中の私」ではなくなった時、なのでしょう。

せっかく見つけた鏡の中のあなた。

ずっと一緒にいたいなら相手をしっかり見てほしい

そのように思います。

相手を見て、相手に合わせて、それをお互いにしていく。

ポイントは「お互いに」ということで、片方だけが相手に合わせて変化をし続けていくのは、とても難しいことです。

もちろん、全くズレがなく長い時を過ごせることは、ないのでしょう。でも、

少しズレた時に、お互いがお互いに相手の鏡で居られるように努力をすることで、幸せな時間は長続きしていく。

そんな風に考えています。

パートナーは共に成長し、共に老いる存在です。

それをお互いに愛し、いつくしみ、大切にすることって、多分、意固地になって自分を維持するよりも幸せなのではないかな……と思いますよ(*^_^*)

【PR】
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村