しあわせタロティストあん茉莉安の こころと未来を開く手帖

タロット占い師あん茉莉安の占い・スピリチュアル手帖

こんにちは、タロット占い師のあん茉莉安の手帖へようこそ。 小さくて、ささやかなブログですが、このような場所から ちいさなしあわせ作りを応援していけたら嬉しく思います。

あん茉莉安への鑑定のご依頼、ご相談、お問い合わせは……

『占い・タロット しおさい堂』

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

国立西洋美術館にて松方コレクション展を拝見しました

【PR】

こんにちは、占い師のあん茉莉安です。

f:id:siosaido1:20190920231152j:plain

国立西洋美術館で開催されている、松方コレクション展を少しだけのぞいてきました。

 

少しだけ→2時間(´・ω・`)

 

美術館って……結構、体力使いますよね(笑)(笑)(笑)

 

松方コレクション展は世界の名品と呼べるものが集まる展覧会の1つで、

モネ『睡蓮』やロダン『考える人』など、

 

「うわあ普通見られない」というものばかり。

 

正直なことを言うと、いわゆる図工の分野には全然明るくないので(音楽派でした)、見てもたいしたことはわからないんですが

名だたる芸術作品ともなれば、芸術性はよくわからないけれど

オーラみたいな熱のようなものは残るのだなと、

そんな風に思ったりもします。

 

(その点は、音楽も同じかな)

 

絵画や彫刻には、それぞれに悲哀とか悲嘆、

悩み苦しみのようなものが詰まっていて、

 

宗教画とかだと、喜びとか、プラスの感情のものも多いと思うのだけれど、

 

やっぱり大人が後世まで共感を持って感動できるのって、苦悩とか悩みといったものなのかな……なんて

思ったりもして。

 

子どもが描く作品は喜びや希望に満ちていたりするけれども、

やっぱりなんとなく……

大人になるに従って、楽しいばかりの絵ではなくなっちゃうんですね。

 

それが、人生の深みなのかもしれないけれど、

やはり私自身には、愛や希望が満ちた芸術のほうが好みでしっくりくるな……と思わされた展覧会でもありました。

 

まあでも、腐っても世界の名品(何を言っとんのww)

また拝見する機会に恵まれれば、ぜひとも拝見したいと思います。

 

……実は「考える人、意外とちっちゃかった」というのが

今回の展覧会の一番の驚きポイントだったというのは、ここだけの話ですよ……

(だって、ジョイナスの森とかにある複製、でかくない? 上野にもあったけどでかかったよ? 本物があんなサイズだなんて聞いてない)

【PR】
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村