しあわせタロティストあん茉莉安の こころと未来を開く手帖

タロット占い師あん茉莉安の占い・スピリチュアル手帖。パワーストーン、タロット、風水、占い師の日常等。

こんにちは、タロット占い師のあん茉莉安の手帖へようこそ。 小さくて、ささやかなブログですが、このような場所から ちいさなしあわせ作りを応援していけたら嬉しく思います。

↓鑑定のご依頼、ご相談、お問い合わせはこちら↓

他人にはない自分の見つけかた

【PR】

こんにちは、あんです。

f:id:siosaido1:20210210001017j:plain

毎日、色々な種類の仕事をしていますが、

 その中でも、「他人にはない自分」をどう認識するかというのは大切なことだな……と思わされます。

自分という存在は、いつの日も唯一無二のもの

なのですが

他人と自分とは、似通っていますので、なかなか

「自分は唯一無二の存在だ!」

という自信を持つのは、皆さん難しいようです。

自信とは、自分の唯一性を認識するところから始まる

色々なことを成功させるには、ある程度ギャンブル的な行動が必要となりますが、それには自分に対する「なんとかなる」と思える気持ち、すなわち自分を信じられる、自信というものが大切です。

ではその自信はどこから来るのか?

それは、自分が「どこにでもいる平凡な人間ではない」と思うところから来る。

「あの人やこの人やその人にはできない(彼らが、やってない)ことを、自分ならできる」

と思えるところから来るのです。

「彼らがやっていることしか、自分はできない」

とか、

「彼らができることを、自分はできない」

と思ってしまうだけに留まると、人はその壁を越えていくことができません。

自分は何でもできるわけではないから、彼らがやっていることを、できないかもしれない。

でも、彼らがやっていないコレができるよ!

というものがあると、人は自信を持てます。

つまりそれは、人と自分との違い、唯一性です。

主観的な物事の見方は「できないこと」を発見するのに向いている

人が主観的に自分を見て、自己評価を行うと、自然と「できないこと」に目が向きます。

自分はこれができない、あれができない……と。

もしかするとこれは、日本人の特性というやつなのかもしれませんけれどもね。海外のことはよくわからないので、知らんけど。

とにかく謙虚なのも考えモノなのですが、私たちは謙虚であることに慣れすぎています。

謙虚であることが、美徳とされている向きは確かにあるし

自分が「できること」をフイチョウすべきではない、すればするほど嫌われる、という向きもありますね。

これが転じて、できることから目を背ける人が多い、というのが現実かと思います。

だから、できることが見えてこず、できないことばかりが積み重なってしまうのかも。

「できること」を見つけたければ客観的になる

自分にできることは、客観的になることで見えてきます。

客観的の方法にも、実は

  1. 比較して判断する
  2. 絶対感で判断する

の2つがあります。

他人との比較で自分ができることを見つける

自分に何ができるかを見つけるために、他人と自分とを比較するのは、必ずしも悪いことではありません。

「比較は、よくない!」

と言われることが多いですが、それは他人と自分とを比べた時に、「他人にできて、自分にできないこと」に目を向けがちになってしまうため。

そうではなく、他人ができていなくて、自分にはできていることを探すのは、悪くないです。

そうすることで、自分の特性が見えてくるからです。

使い方を誤らなければ、他人と自分とを比較することはむしろ、自分を理解するために最も効率の良い方法とも言えます。

比較せず絶対的に自分が何をできるかを知る

自分にできることを知るなら、なにも他人ができないことだけでなくても良いと言えます。

AさんBさんができることを、自分にもできるというのは、別に自分が平凡だとか、誰にでもできることができるだけだということではありません。

自分に、できることが、ある。

それだけのことです。

「自分がそれをできている」という絶対的な事実を認めなくてはなりません。

「できること」は、吹聴せず自覚すべきもの

別に、自分にできることを吹聴しなさい、と言っているわけではないのです。

外部にそれを「できる、できる」と自慢(あるいは表現)する必要性は、就職活動などのケースを除いて、滅多にないかと思います。

ただ、だからといって、なかったことにするのは、ダメです。

ちゃんと自覚しましょう。

自分に、他人にできない何かができていることを。

他人ができていることの中にも、自分もできていることが、あるということを。

そして、それらの組み合わせが、自分をつくっているということ。

全ての「できること」を組み合わせたら、その組み合わせが誰一人として同じ人は、多分いないですよ。

すなわち、誰しもが唯一無二の存在なのです。

興味をひかれた方、面白かった!と思ってくださった方は、ぜひ▼ランキングバナーをポチっと押していっていただけたら嬉しいです★

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ   
【PR】
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ