しあわせタロティストあん茉莉安の こころと未来を開く手帖

タロット占い師あん茉莉安の占い・スピリチュアル手帖。パワーストーン、タロット、風水、占い師の日常等。

こんにちは、タロット占い師のあん茉莉安の手帖へようこそ。 小さくて、ささやかなブログですが、このような場所から ちいさなしあわせ作りを応援していけたら嬉しく思います。

↓鑑定のご依頼、ご相談、お問い合わせはこちら↓

ピアスパーツ「合金→14kgf(金属アレルギー対応)」変更差額のご案内

【PR】

こんにちは、あん茉莉安です。

こちらの記事では、金属アレルギー対応14kgfピアスフックについて、

また通常のピアスフックから、14kgfフックへの変更差額についてご案内致します。

f:id:siosaido1:20190912143115j:plain

14kgfを用いたピアスフックについて

14kgfは「14金ゴールドフィルド」というのが正式名称です。

一般的な金メッキは、合金の周囲にごく薄い金の膜が張られますが、この厚みは0.1ミクロン以下で、使用頻度に準じてメッキが剥がれてしまい、合金の層が表層に出てくる可能性が高いと言われています。

このため、合金層が表層に出てしまった時点で、アレルギー反応も当然出るということになります。

ゴールドフィルドは、金メッキに比べて20~30倍分厚い金の層が、合金の上に張られています。厚さにして、2~3ミクロンということになりますね!

正確には、金属部分の総重量の1/20(5%)以上が14金になっているものを、14kgfと言います。

摩耗によって合金の層が表層に出てくる確率が非常に低く、金属アレルギーの方でも装着できる人気の素材です(^_^)

チタンポストピアスパーツとの違いは?

アレルギー対応のピアスパーツには、14kgfの他に、チタンポストピアスがあります。

ポストというのは棒のことで、つまりチタンポストピアス=棒のとこだけチタン、というパターンが多く、棒以外の場所が耳に触れるとアレルギー反応を起こすことが少なくありません。

しおさい堂ではアレルギー対応のピアスパーツとしてはチタンポストピアスを推奨しておりません。

あくまでも当店におきましてはという限定ではありますが、「金属アレルギー対応=14kgfピアスフック」とさせていただいております。

14kgfピアスフックへのパーツ変更について

ピアスパーツを14kgfへご変更の場合は、丸カン(接続金具)等、すべての金属部分が14kgfとなります。

基本的に、当店で取扱を行っているピアス・イヤリングに関しましては、全て14kgfピアスフックパーツへのご変更を依頼していただくことができます。

変更のご依頼はお気軽に、

BASE店のお問い合わせツール(BASEアプリ)

LINEオフィシャルアカウント(この画面から「LINE友達追加」をクリック)

Twitter @siosaido

までお知らせください。

※商品の形状によってご変更を承ることができないケースがあれば、お問い合わせ時にご確認させていただきますm(__)m

14kgfピアスフックと通常のピアスパーツとの差額について

通常のピアスパーツ(イヤリングパーツ)のついたアクセサリーから、14kgfピアスフックへのご変更差額は「+1,200円」となります。

【PR】
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ